Software Management Center

Interviews

社員インタビュー

ソフトウェアマネジメントセンターで働く魅力とは

西岡 優

携帯電話の販売員から憧れのエンジニアへ。
未経験・異業種から転身を遂げたポイントとは?

西岡 優

2018年入社

前職は携帯電話の販売員。もともとやってみたいと思っていたエンジニアの仕事を目指して独学で勉強を始め、ソフトウェアマネジメントセンターに入社する。
以来、システム開発部に所属。エンジニアとしてのステップアップを目指しながら、日々奮闘している。

数々のエンジニアを育成・輩出してきたソフトウェアマネジメントセンター。
エンジニアが成長するためには本人の努力も大切ですが、会社のバックアップも重要な要素の一つです。
入社3ヶ月の西岡に、ソフトウェアマネジメントセンターで働く魅力を取材しました。

入社して3ヶ月、現在はどんな仕事をしていますか?

西岡 ソフトウェアマネジメントセンターは自社で培った技術を社外の様々なプロジェクトチームに還元している会社です。私は10人チームの通販システムの保守プロジェクトにジョインし、VB.NETやSHELLを使いこなしながら新規機能を開発したり、既存機能のインシデント改修に対応したりする業務を担当しています。

仕事は、もう慣れましたか?

西岡 はい、慣れました。チームにはジョインして間もないですが、開発全体の流れや雰囲気にキャッチアップすることができています。分からないことがあればすぐに質問できる環境ですし、今後さまざまなことに挑戦できる楽しさを感じています。
また、社外のさまざまな人と関わる機会が多い仕事ですが、一緒にランチも行ったりして、コミュニケーションはうまく取れていると思います。

入社してから開発現場に出るまでの間、会社からスキルアップのサポートはあったのでしょうか?

西岡 はい。最初は会社側で用意されていた問題集を解きながら、エンジニアとしての必須となる知識の習得や技術的な基礎固めに励みました。
その後、C#というプログラミング言語を使いながら実際稼働しているプログラムに対して機能追加するという、現場の作業レベルに近い研修がありました。
基本的に研修はマンツーマンで、分からないことがあれば教えてくれる環境もあり、理解が進みました。実は弊社の社長もエンジニア出身でして、直々に、かつ親身に教えてくれます。

今後の目標を教えてください

西岡 チームで仕事をするスタンスがソフトウェアマネジメントセンターの特徴ですが、それもより一段上のレベルでやれるようにしたいですね。今は基礎的な内容を誰かに聞くことが多々ありますが、自主的に勉強をしながらその回数を徐々に減らして、独り立ちできるようになりたいです。
また新しい言語を習得したいと考えていて、様々なプロジェクトに対応できるよう自身の可能性を拡げていきたいです。

最後にソフトウェアマネジメントセンターへの入社を検討されている方へメッセージを

西岡 ソフトウェアマネジメントセンターでは社内外の様々なプロフェッショナルたちと関わりながら仕事ができますし、私自身業界のことが全然分からなかったのですが、研修もあるので一安心です。また私自身もそうだったように、経歴や年齢に関係なく、幅広い業務にチャレンジすることもできます。
一緒に成長したい方は、是非ソフトウェアマネジメントセンターへ!

加藤 誠

勤続16年のベテランエンジニア。
長年働き続けられるポイントとは?

加藤 誠

2002年入社

学生・院生時代は応用数学の研究に没頭する。隣の研究室の先輩が現在の会社の社長だったという縁で、ソフトウェアマネジメントセンターに入社する。
現在、システム開発部に所属。エンジニアとして成熟したキャリアの真髄に迫る。

数々のエンジニアを育成・輩出してきたソフトウェアマネジメントセンター。
エンジニアにとって、技術開発に集中できる環境は必要不可欠です。
勤続16年の加藤に、ソフトウェアマネジメントセンターで働く魅力を取材しました。

これまでどんな業務を経験されてきましたか?

加藤 一言で言うと、組み込みシステムの設計や開発を一貫して行ってきました。
組み込みシステムとは、携帯電話や自動車、家電、医療機器などに組み込まれているコンピューターシステムのことです。主なプログラミング言語はC++です。
かつては携帯電話でしたが、近年は自動車に搭載するシステム(カーナビゲーション、電話、インターネット、センサー等)のプロジェクトを担当することが多いです。今月は車載システムの不具合の原因を究明する障害調査の業務を行なっています。

特に印象に残っているプロジェクトはありますか?

加藤 車載ナビの起動時の処理を担当した時は、大変でしたがとても楽しかったです。
基本的に車載ナビは車のエンジンがかかる時に起動する仕様なのですが、起動したままになったりして、バッテリー上がりを起こさないようにする必要があります。 処理上難しい部分があります。
従来機器は起動に相当の時間がかかっていたことから、起動完了までの体感時間をいかに短くさせるかが課題となっていました。
担当したプロジェクトでは設計を見直して、プロトタイプを作りながらテストを繰り返すという過酷な日々が続きましたが、結果として起動体感時間の短縮が実現し、最終的にプロダクトに反映された時にはこの上ない達成感がありました。

仕事で工夫されていることはありますか?

加藤 常日頃から、チーム全体がどうすればうまくいくかを考えるようにしています。
具体的には「どうすればプロジェクトが遅滞なく進むか」「どうすれば限られた工程の中でプロダクトの品質を高めることができるか」ということなのですが、それにはコミュニケーションが不可欠だと考えています。
ちなみに、エンジニアはずっとパソコンに向かってプログラムを書いているわけではありません。私の場合 全作業時間の2〜3割程度は仕様について話し合ったり仕様を策定した人に質問したりという形でコミュニケーションをとっています。
自身はソフトウェア領域のエンジニアですが、自分とは異なるハードウェア領域のエンジニアとの会話は特に刺激が多く、面白いですよ。

エンジニアのお仕事を長年継続することができているのはなぜでしょうか?

加藤 1つの理由は、今の仕事が自身に合っているということだと思います。
別の理由は、技術開発に集中できる環境があるという点です。分からないことがあれば仕様を理解している人に質問すれば良いですし。
本音の部分ではシステムの細部に至るまで仕様を理解したいという思いもあるのですが、それをやっていたら仕事としては続かないという感覚もすっかり身につきました(笑)。

次に目指すべき姿は?

加藤 車載システム界のプロフェッショナル(職人)を目指し、エンジニアとして成長を続けていきたいです。
更にはその成長をもって、ソフトウェアマネジメントセンターのメンバーを更なる高みへ引っ張って行けるようになることが目指す姿です。
最近では「静的解析(ソースコードを実行したり読んだりしなくても、ソースコードがきちんと書かれているかどうかをチェックすることができる手法)」や「品質向上のためのプログラミングのコツ」について掘り下げて勉強したいと思っています。

最後にソフトウェアマネジメントセンターへの入社を検討されている方へメッセージを

西岡 ソフトウェアマネジメントセンターはエンジニアがやりがいを持って仕事に取り組める環境が整っています。
ぜひ一緒に働けることを楽しみにしています。

PAGE TOP